2012年10月28日

第44回日展



   今回は会場にてご覧いただく事はかないませんでしたが、                        古事記編纂1300年にちなんで 古事記や神話について
   書いてみました。 
   時々、大阪支部の方以外にも私のブログに訪れて下さる方が
   いるようですので、湯山春峰堂さんよりのしゃしんもここに
   載せさせていただきます。

   神話とは物事の始まりを語った神聖な物語である。古代社会の
   基層的な信仰、宮廷の祭儀、士族の伝承など多様な要素を含み
   形成された。天武天皇は王権を強化する為史書の作成を思い立つ。
   そして和銅五年神話を含みこみながら古事記が撰上された。その
   中でイザナギとイザナミは大八島を始めとする国土や山や野や河
   や風の神を生み、イザナギが鼻を洗った時にスサノオが出現し
   左目を洗って生まれたのがアマテラスである。
                 古事記編纂千三百年を記して

    
         書-112 藤澤珠玉 修正済.jpg   


posted by 藤澤珠玉 at 21:06 | コメントはこちらから(0) | 先生の筆日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。